ベースの配線改造

ボリュームポットがスイッチポットになっており、ピックアップ単体でのシリーズとパラレル接続の切り替えができるようになっていました。

しかし、ボリューム調整時にチリチリとノイズが発生し、また回転トルクが小さく使いにくいということで、シリーズパラレルの切り替え機能を排除しCTSポットへ交換。

トルク感がアップして常時シリーズ接続の通常の配線に変更しました。

弦を張り直して完了です。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

http://www.pine-repairshop.com/