テーマ:配線

内部配線チェック

中古で購入し間もないとのことで、電気パーツの交換履歴をチエックを追加希望。 全てまだ一度も交換された形跡はありませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線チューンナップ

リード線をベルデンへ交換して音質を向上。 配線の規模が小さいため、追加作業としてピックガード裏に銅箔テープを貼って少しだけシールド交換を追加。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線修理

ピックガード裏面に配置されているボリュームポットとジャックが錆びて通電しなくなっていたため交換しました。 アース線は外れてボディの奥の方にいたため、引っ張り出して再接続。 ピックアップが錆びて緑青が発生してましたが、内部コイルは無事でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線

先日フロントにP-90を乗せましたが、今度はサーキットの全配線を行いました。 最初のテストで音が出ませんでした(泣)。 調べたところ、お客様持ち込みのポットが1個不良でしたので当店在庫の物へ交換。 次のテストでまた音が出ない(泣)(泣) ジャックの取り付け穴の内側に導電塗料が塗布されていてホット端子に接触しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線修理

ピックアップ以外のパーツを全て交換しました。 同時に配線材をベルデンへ交換して音質向上。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線修理

各パーツのアース接続がアルミテープで省略されていたため、ジャック部で音が出なくなる症状。 全てのパーツを配線材でつなぎました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベースの配線改造

ボリュームポットがスイッチポットになっており、ピックアップ単体でのシリーズとパラレル接続の切り替えができるようになっていました。 しかし、ボリューム調整時にチリチリとノイズが発生し、また回転トルクが小さく使いにくいということで、シリーズパラレルの切り替え機能を排除しCTSポットへ交換。 トルク感がアップして常時シリーズ接続の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベースギターの配線修理

ボリュームポット、ジャックを交換し総合調整を行いました。 またフロントピックアップのスポンジが劣化してつぶれてたため交換しております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベース 配線修理

ジャック交換。 サーキットは最近多くなっているピックアップのシリーズ、パラレルミックス切り替え機能付き。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配線修理

ジャックやポットの間のアース線を追加。 パーツ緩み時のトラブルを改善。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター配線改造

ボリュームの位置をフロントトーンの位置へ変更し、2トーンから1マスタートーンへ変更。 フレットが錆びていたの磨いたのち、総合調整を行います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベース配線修理

接触不良が発生していたジャック、バッテリーボックスを交換し、総合調整を行いました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター配線修理

別ショップにて交換されたリヤピックアップのノイズが酷いためチェックしたところ、 ピックアップ本体のアース線がピックアップのホット線と一緒にスイッチ端子に結線されておりました。 スイッチへの配線をやり直し修復完了。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

http://www.pine-repairshop.com/