ナット溝調整

ナット溝が浅く弦高が高いため、3フレットをバレーした状態で1フレットとの隙間がかなりあります。
1フレットを押さえた時に余計に力が必要になること、また音程がシャープしてしまうため、ナット溝を切り足して適正な弦高に調整します。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

http://www.pine-repairshop.com/